VALUE MAKER

2020年5月23日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 世界一の木樽(だる)で作ったお醤油(しょうゆ)はいつできますか」─。大分県臼杵市に本社を置くフンドーキン醤油には、そんな問い合わせが来る。同社の醤油工場には、ギネスブックに載る高さ9メートル、直径9メートルのヒバ製の木樽があるのだ。

瀬戸内に面した臼杵市内にあるフンドーキン醤油
(写真・湯澤 毅、以下同)

 自然に醤油を醸造する場合、出来上がるまでに1年かかるが、主流は、ステンレス製の樽で温度管理し、人工的に春夏秋冬を繰り返すことで醸造期間を短縮、半年で完成させる。大手メーカーが開発した手法だ。

 ところが「世界一木樽醤油」の場合、3年あまりの歳月がかかるため4年に一度しか造れない。一度に54万リットル、200ミリリットルの瓶270万本分ができるが、人気が高く売り切れる。今も品切れ中で、次の発売は今年5月の予定だ。

 「ステンレス製は、常に洗浄したきれいなタンクでもろみを熟成するので同じ品質のものができます。一方木樽では樽の洗浄はしません。木の中にいろんな菌が住み着いたままです。何年もすると進化した菌が複雑な味、香りを醸し出してくれると思います。時間がよいものを造ることに夢を感じています」と小手川強二社長は言う。

 巨大な木樽を使った醤油醸造は、もともとは先代社長だった強二氏の父の木樽へのこだわりから始まった。「醤油醸造の技術はすでに確立していて、なかなか品質に差が付けられません。そこで昔ながらの木樽での醸造を近代的な工場に取り入れたのです」と小手川社長は振り返る。樹齢400年前後のヒバ材を釘を使わずに組み上げ、金属製のタガで締め付けている。機械式の攪拌(かくはん)装置が付いているだけで、後は自然任せ。屋外に設置されている。

 同じ工場にはひとまわり小さい高さ9メートル、直径6メートルのヒバ製木樽が8本ある。それで醸造した醤油は「八本木樽醤油」のブランドで売る。さらに吉野杉で作った木樽も2本あり、「吉野杉樽天然醸造醤油」と名付けて売っている。国産大豆、国産小麦など材料にもこだわった。

関連記事

新着記事

»もっと見る