Wedge REPORT

2020年2月18日

»著者プロフィール
閉じる

中西 享 (なかにし・とおる)

経済ジャーナリスト

1948年岡山県生まれ。72年共同通信社に入社。88年から91年までニューヨーク特派員、経済分野を取材し、編集委員を経て2010年に退社。現在は経済ジャーナリスト。著書は「ジャパンマネーの奔流―ニューヨーク・東京・ロンドンの24時間」(1987年、ダイヤモンド社)、「日本買い 外資は何を狙っているか」(2005年、PHP研究所)など。

ノンキャリの重要性

 これまではキャリア職の仕事ぶりが厳しいことを指摘したが、千正氏は「キャリア(総合職)が仕事を回していくために欠かせないのが、ノンキャリ(一般職)と呼ばれる事務職員の力だ。キャリアの役割は政策を変えることがメインだが、霞が関には一般職の優秀な職員がたくさんいて、彼らが言われなくても着実に業務を遂行することから行政が回っている。

 過酷な労働環境を背景に、総合職以上に一般職は公務員志望の学生から敬遠されている。採用予定人数を採用できないケースもある。あまり知られていないが、自前の職員だけでは業務が回らないので、民間企業や地方自治体から霞が関に出向している多くの職員が業務を支えている状況がある。外部からは見えにくいが、一般職の人材確保の観点からも、霞が関の働き方改革は待ったなしだ」と訴える。

講演会の執筆代行

 さらに官僚の仕事を多忙にさせているのが、議員が行う講演会や地元のイベントでのスピーチ原稿などを役所に依頼してくるケースだ。外務省の20歳代女性キャリアは「こうしたスピーチ原稿は議員自身で書かれることを原則とさせてほしい」と主張、個人的なことまで押し付けられている実態がある。

 つまるところ、「政治家は役人よりも偉いのだ。政治家は役人をどのように使っても構わない」とでも思っているのかもしれない。であれば、考え方を改めてもらわなければならない。役人は国民が少しでも幸せになるために働いているのであって、政治家のために働いているわけではないことを。

関連記事

新着記事

»もっと見る