野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2020年3月27日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

この体制を変えるために闘うことが家族への最大の償い

 映画の中で孫毅はリー監督の撮影に協力した理由をこう語る。

 「ずっと妻を苦しめてきた。どうすれば償えるのか見当もつきません。この苦しみを生んだのは中国の体制です。この体制を変えるために闘うことが家族への最大の償いだと信じています」

 孫毅は、釈放後の生活でも当局の嫌がらせを受け続け、収監時代の疲労もあったのか、体調を大きく崩したところで出国を決意し、インドネシア・ジャカルタへ逃亡する。だが、そこでも孫毅には、思いもよらない悲劇が待ち受けていた。

©2018 Flying Cloud Productions, Inc.

 本作は、ドキュメンタリーであっても、波乱万丈のヒューマンドラマを見ているように感情移入できる作品だ。中国政治に対する知識や関心が必ずしもなくても、十分に意味を持つ鑑賞になるだろう。

新宿Ks cinemaなどで全国公開中
公式HP  https://www.masanjia.com/
©2018 Flying Cloud Productions, Inc.

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る