この熱き人々

2020年5月25日

»著者プロフィール
閉じる

吉永みち子 (よしながみちこ)

1950年、埼玉県生まれ。85年、『気がつけば騎手の女房』で大宅壮一ノンフィクション大賞を受賞。著書に『母と娘の40年戦争』(集英社文庫)、『怖いもの知らずの女たち』(山と溪谷社)、『試練は女のダイヤモンド』(ウェッジ)などがある。

 ちなみに、「やさしさで溢れるように」「明日がくるなら」「東京」はレッド、JUJUがブレークしたロングヒット「奇跡を望むなら...」はブルー。すべてを聴いて気がついたのだが、デビュー曲「光の中へ」が入っていない。JUJUの集大成なのに、最初の曲がない。

 「“あなたへの物語”という視点でシアター分けした時に、どこにも入らなかったってことかな。デビュー曲ではあるけれど、JUJUとしての本当の一歩は3曲目の『奇跡を望むなら...』なんだと思う。この曲から私の歌うことへの概念も姿勢も変わったから。デビュー曲と2曲目は、私が好きで歌いたい曲を、誰が聴いてくれるのかが見えないまま暗闇に向かって歌っていた。私、とてもヘタレで怖がりで、歌うことが大好きなのに人前に出るのが得意じゃない。もし売れなくても、それはJUJUで本名の私じゃないと、変にカッコつけて自分を守るみたいなところがあったんです。結果はやっぱり誰にも届かなかった」

 YOUR STORYというよりMY STORY。自分は傷つかない鎧をまとったJUJUで、まだ今のJUJUにはなりきれていなかったということなのだろうか。

ニューヨークで夢を追う

 デビューしたのは2004年。ジャズを極めたいという願いを抱えて単身ニューヨークに渡り、昼間は洋服屋で働き夜はライブハウスで歌いながら歌手への夢を追い続けた日々は10年。が、ニューヨーク在住の本格的歌手として果たしたデビュー曲が売れなかった。満を持して世に問うた自分の追い求めた曲が評価されず、その延長線上の2曲目も不発に終わって、JUJUの時間は止まった。ブレークした「奇跡を望むなら...」まで実に2年もの暗中模索の日々が続くことになったのである。

 

 「その間は毎週テーマを与えられてひたすら曲を作り、デモテープを送り続けてました。もう千本ノックみたいで、それも四方八方から球が飛んでくる。もうカッコなんかつけていられないほど疲弊してました」

 時には、アマチュアでもいいやと弱気になった。いつの間にか洋服屋ではゼネラルマネージャーというトップ2になっていて、このままここで働いてもいいのかなとTシャツを畳みながら考える日もあったという。しかし、ニューヨークはしっかりと希望を見据えている者にはやさしいが、目標のない者にとっては生きづらい街である。担当プロデューサーは、やめたければやめればと言う。諦めないという決断は、自分の気持ちに問いかけて自分が下すしかない。それができなければ終わる。

関連記事

新着記事

»もっと見る