海野素央の Love Trumps Hate

2020年7月28日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

「隠れトランプ」と「隠れバイデン」支持者の声

 以前紹介しましたが、中西部ミシガン州デトロイト郊外在住の60代の「隠れトランプ」支持者は、「トランプは公約を果たさなかった」と不満を漏らし、今年の大統領選挙で民主党候補に投票すると、筆者に明かしました。

 西部ネバダ州ラスベガスで配車の仕事に携わっている白人男性の「隠れトランプ」支持者は、「トランプが財政赤字を減らしてくれることを期待して4年前にトランプに投票したが裏切られた」と語り、今回の大統領選挙で民主党候補に投じると述べました。

 西部コロラド州コロラドスプリング在住のIT企業のCEO(最高経営責任者)は、「隠れバイデン」支持者です。筆者は昨年に続き、20年7月22日に追跡調査を行うと、彼の意志は変化していませんでした。

 共和党保守本流で常にマスクを着用しているというこのCEOは、「バイデンに投票する」と断言しました。彼は大統領選挙を次のようにみていました。

 「(新型コロナの)ワクチンが11月3日の投票日までに間に合わないので、トランプは負けるだろう」

 加えて、彼は妻に関する情報もくれました。

 「妻はトランプのコロナ対応で気持ちが変わった」

 トランプ支持者の妻が、同大統領のコロナ対応に強い不満を抱いているというのです。

 保守系の米FOXニュースの世論調査(20年7月12~15日実施)によれば、34%がトランプ大統領のコロナ対応を支持すると回答しました。トランプ支持率は40%前後ですので、約6%のトランプ支持者が大統領のコロナ対応を支持していないことになります。

 上のCEOの妻はその1人です。彼女は「投票しない」ないし「隠れバイデンになる」可能性を秘めています。バイデン氏はトランプ氏の最大の弱点であるコロナ対応に焦点を当て、彼女のようなトランプ支持者の投票意欲を低下させる、あるいは「隠れバイデン」支持者に変えることができれば勝機が見えてきます。

 特に、新型コロナ感染の犠牲者になっている65歳以上の共和党保守本流の高齢者を「隠れバイデン」支持者にできれば、バイデン氏は勝利に近づくでしょう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る