海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2020年8月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

法廷闘争

 仮にバイデン氏は選挙でトランプ大統領に勝利を収めても、同氏には登らなければならない山がもう1つあります。バイデン氏が僅差で勝利した場合、トランプ氏は郵便投票で不正があったと主張し、法廷闘争に持ち込む公算が高いからです。

 USAトゥデイ紙によると、バイデン陣営はすでに訴訟に備えて、600人の弁護士を抱えています。一方、米議会専門紙「ヒル」によれば、共和党全国委員会(RNC)は裁判での決着を想定して、1000万ドル(約10億5900万円)の予算を2000万ドル(約21億1800万円)に引き上げました。

 トランプ大統領の「第3の逆転戦略」は、最高裁判所で結果を覆すことです。現在、最高裁判事は保守派が5人、リベラル派が4人でトランプ氏に有利です。しかもトランプ大統領は2人の保守系の判事を指名しました。従って、順当に行けば5対4でトランプ氏の逆転勝ちになります。

 ただ、勝敗を決するのはジョン・ロバーツ最高裁首席判事になるでしょう。過去に、ロバーツ首席判事はリベラル派の側に立ったことがあります。となると、トランプ氏の意に反して、5対4でバイデン氏の勝利もあり得るということです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る