海野素央の Love Trumps Hate

2020年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

米メディアの影響力

 16年米大統領選挙では連邦捜査局(FBI)によるヒラリー・クリントン氏のメール問題の捜査再開がオクトーバー・サプライズになりました。ジェームズ・コミー元FBI長官が投票日の11日前に、私的サーバーで公務を行ったクリントン氏のメール問題の捜査を再開すると発表したのです。

 前回の選挙では投票日直前まで、トランプ氏とクリントン氏のどちらの候補に投票するのか「決めかねている有権者」が13%もいたといわれています。米メディアはFBIによるメール問題捜査再開の発表を大きく扱いました。その結果、一部の「決めかねている有権者」が、クリントン氏が重大な犯罪を犯したという印象を持ったことは否定できません。

 後にクリントン氏はインタビューの中で、投票日直前の出来事に対して対応する時間が足りなかったと振り返りました。

 米メディアがどれだけ驚くべき出来事を報道するのかが、オクトーバー・サプライズの効果性に影響を与えます。要するに、メディアの出来事に関する報道量が、どちらかの候補を有利に導く結果になるわけです。

関連記事

新着記事

»もっと見る