海野素央の Love Trumps Hate

2020年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

ニクソン政権のオクトーバー・サプライズから学ぶトランプ

 トランプ大統領は若きビジネスマンのとき、リチャード・ニクソン元大統領から好意的な内容の1通の手紙をもらいました。それ以降、ニクソン氏の影響を受けたとみることができます。   

 例えば、トランプ氏の終盤戦における核となるメッセージである「法と秩序」及び、前回の大統領選挙で多様した「サイレント・マジョリティ(物言わぬ多数派)」は、いずれもニクソン氏が用いた言葉です。

 1972年米大統領選挙でニクソン政権で大統領補佐官を務めたヘンリー・キッシンジャー氏は、投票日の11日前に泥沼化していたベトナム戦争に関して「平和を手中にした」と発表しました。キッシンジャー氏は米国民にベトナム戦争の終結を匂わせたのです。

 この一言が選挙でニクソン氏に有利に働いたといわれていますが、米国民を誤り導いたことは事実です。実際ベトナム戦争が終結したのは、約3年後の1975年でした。トランプ大統領は、ベトナム戦争を「選挙戦の武器」にしたニクソン元大統領からオクトーバー・サプライズに関して学習したフシがあります。

関連記事

新着記事

»もっと見る