海野素央の Love Trumps Hate

2020年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

トランプの自作自演?

 では、ワクチン開発以外に何がオクトーバー・サプライズになり得るのでしょうか。

 まず国内テロです。FBIはトランプ大統領をネット上で擁護する謎の人物Qアノンの信者が、テロを起こす脅威があると発表しました。ホワイトハウスの記者団がQアノンとテロの関係について質問をすると、トランプ氏は「彼らは私のことが好きだ」と答えました。

 国内テロはトランプ氏に有利に働きます。トランプ氏にはQアノンの信者を扇動して自作自演のテロを起こす選択肢があります。

 加えて、投票日1週間前の暴動の激化もオクトーバー・サプライズになり得ます。トランプ大統領は全米各地で発生している暴動に極左集団で無政府主義を唱える「アンティファ(Antifa)」が関与していると語気を強めています。バイデン候補は左派のバーニー・サンダース上院議員(無所属・東部バーモント州)の支持者の票を失いたくないので、極左集団を非難しないと、トランプ氏は自身のツイッターに投稿しました。

 ただ、米メディアは暴動にはトランプ大統領を強く支持する極右集団「パトリオット・プレイヤー(Patriot Prayer)」等が参加していると報じています。トランプ氏は極右集団を使って暴動を煽り激化させれば、民主党の知事及び市長は治安を維持できないと、投票日直前まで主張できます。

 加えて、「自分は法と秩序の大統領である。バイデンは弱い。彼は暴動をコントロールできない」と、一層強くアピールできる機会を得るわけです。

関連記事

新着記事

»もっと見る