海野素央の Love Trumps Hate

2020年9月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

ワクチンは「選挙戦の武器」

 トランプ大統領は新型コロナウイルスに対するワクチンを「選挙戦の武器」として扱い、明らかに政治利用しています。ワクチン開発をオクトーバー・サプライズにして米国民を誤り導こうという意図が透けてみえます。

 投票日の11月3日の前に、「ワクチンを手中にした」と発表し、「ワクチン開発勝利宣言」を行い、選挙結果に影響を及ぼしたいという思惑がトランプ氏にはありそうです。

 熱狂的なトランプ支持者は開発されたワクチンを信用するかもしれませんが、大抵の有権者は安全性及び有効性に疑問を持つでしょう。ジョー・バイデン前副大統領は、「早期のワクチン開発を望むが、安全性を犠牲にしてはならない」と、トランプ氏に釘を刺しました。

それに対して、トランプ大統領は「ワクチンは非常に安全で有効性が高い」と反論したうえで、「バイデンとハリス(上院議員)は反ワクチンの陰謀論を展開している」と述べて非難しました。

 東部コネチカット州スタンフォード在住の民主党支持者でコロンビア大学で教鞭をとっている60代白人女性に、トランプ大統領が投票日の前にワクチン開発勝利宣言をした場合、ワクチンの安全性及び有効性に関して信用するのか質問をしてみました。

 彼女の回答は「ノー」でした。投票日に合わせて開発したワクチンを信用しないというのです。そのうえで、次のように語りました。

「私はワクチンを接種しません。もしトランプが投票日の直前にワクチンが開発されたと発表すれば、自分の評価を傷つけることになるでしょう」

 ワクチン開発勝利宣言によるオクトーバー・サプライズは、不発に終わる可能性があるということです。

関連記事

新着記事

»もっと見る