2024年7月18日(木)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2012年7月23日

 レッテル貼りだけではあまり意味がない、というのは、確かにその通りでしょう。しかし、前半で展開されている、中国を「競争相手」と呼んだならば中国が挑発され、米中間で二元論的対立が始まる、という議論は、説得力に欠けます。「競争相手」と呼んだぐらいで挑発されるほど中国はナイーブではありません。

 一方、後半の、1914年の欧州と今の東アジアを対比しつつ、戦略的概念と新技術との関係を用いて対中政策を論じている部分は、評価してよいでしょう。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る