2022年12月8日(木)

Wedge REPORT

2020年10月7日

»著者プロフィール

「GO TOトラベル」東京発着の効果はいかに?

 東京商工リサーチによると、9月7日にはビジネスホテル「清水プラザホテル」を運営している有楽会館(静岡市)が破産した。負債総額1億8000万円。4月にはWBFホテル&リゾーツ(大阪市)が大阪地裁に民事再生法の適用を申請、負債総額は160憶円とコロナ関連倒産では最大規模になった。

 政府は「GO TOトラベル」キャンペーンなどを使って何とか観光需要をV字回復させたいとしている。秋の観光シーズンに向けて一部の観光地では予約が回復してきているが、ホテル業界が回っていくためには年間を通じての利用客増が求められている。

 10月からは「GO TOトラベル」で東京発着も加わったが、キャンペーン利用者は、割引額が大きいひごろは泊まれない1泊数万円する高級ホテルを使うケースが多くみられる。ユニゾホテルなど全国チェーンのビジネスホテルは出張者などが多く利用していたが、コロナ禍で出張も激減、ビジネスホテルは「GO TOトラベル」の恩恵もそれほど受けていない。インバウンドの戻りが当面は期待できない中で、ビジネスホテルがどこまで耐えられるか目が離せない。

 ユニゾホテル ホームページ 末尾の「お知らせ」

 https://www.unizo-hotel.co.jp/

 THEグローバル社決算短信

 https://ssl4.eir-parts.net/doc/3271/tdnet/1879290/00.pdf

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る