海野素央の Love Trumps Hate

2020年10月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

トランプの「狭い選択肢」

 トランプ大統領が逆転勝利を収めるには、フロリダ・ペンシルべニア両州でバイデン氏を破る必要があります。

 その場合、共和党の牙城である西部アリゾナ州、南部テキサス州及びジョージア州での勝利が大前提になっています。終盤戦においてトランプ氏は選挙スタッフ、資金及び時間といった資源を、共和党の牙城に費やさなければなりません。同氏にとってそこが痛手です。

 一方、バイデン氏はたとえ大票田のフロリダ州を落としても、ペンシルべニア州、中西部ミシガン州(選挙人16、以下同)、ウイスコンシン州(10)の3州を抑えれば、勝利する公算が高まります。激戦6州で3勝(ペンシルべニア、ミシガン、ウイスコンシン)3敗(ノースカロライナ、フロリダ、アリゾナ)でも、勝利の可能性がバイデン氏にはあります。

 というのは、クリントン氏が前回獲得した選挙人「232」に46(ペンシルべニア、ミシガン、ウイスコンシン州の選挙人の合計)を加えれば、278になり、勝利に必要な270を超えるからです。さらに、上の3州以外に中西部オハイオ州(18)をトランプ氏から奪還すれば、選挙人を296まで伸ばせます。バイデン氏はフロリダ州を落とした場合の戦略を持っています。

 バイデン前副大統領はフロリダ州獲得に乗り出しながら、中西部を固める戦略をとることは確かです。バイデン氏によって縄張りを荒されるというトランプ氏の以前からの懸念が、いよいよ現実になってきました。

 要するに、選挙人獲得においてトランプ大統領の勝利への選択肢は狭く、逆にバイデン氏は広いといえます。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。 

関連記事

新着記事

»もっと見る