海野素央の Love Trumps Hate

2020年11月21日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

共和党内の支持率低下

 ロイター通信とグローバル世論調査会社イプソスの調査(20年11月6~10日実施)によれば、トランプ大統領の支持率は39%です。投開票日前と比較すると約5ポイント低下しました。同調査では共和党内のトランプ氏の支持率は84%で、こちらも選挙前の調査(同年10月23~27日実施)と比べると4ポイント下がりました。逆に同党内の不支持率は15%で、4ポイント上がっています。

 トランプ大統領が敗北宣言を行わないために、バイデン新政権への円滑な権力委譲ができません。トランプ政権とバイデン新政権の間で、特に新型コロナウイルスに関するワクチン開発情報及び、国家安全保障問題に関する機密情報の共有ができない状況が続いています。

 その背景にはワクチン開発をバイデン氏ではなく、自分のクレジット(手柄)にしたいというトランプ大統領の思惑があるからです。加えて、アフガニスタンとイラクの駐留米軍を縮小して選挙公約を果たそうという狙いも存在します。率直に言ってしまえば、来年1月の退任までに、トランプ氏は最後の「レガシー(政治的遺産)作り」をしているのです。

 ただ、米国民にはトランプ氏が意図的に、バイデン氏への平和的な政権移行を阻止していようにみえるでしょう。その結果が、上の数字に現れているのかもしれません。

寛容なリーダー

 オバマ前政権のファーストレディであったミシェル・オバマ氏は、自伝の中で夫のオバマ前大統領をアフリカで生まれたので、大統領の資格がないと主張して、偽情報を拡散したトランプ大統領を「決して許さない」と明記しました。トランプ氏の偽情報のために、2人の娘たちに危険が及んだと言うのです。トランプ支持者の中には、武装集団や狂信的なQアノンの信者がいることは事実です。

 にもかかわらず、オバマ夫妻は16年米大統領選挙後、トランプ夫妻をホワイトハウスに招き、スムーズな政権移行を行いました。共和党のジョージ・W・ブッシュ元大統領が民主党のオバマ新政権への移行に協力的だったからです。

 オバマ夫妻は非常に寛容なリーダーだと言えます。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る