From LA

2021年1月14日

»著者プロフィール
ラスベガスにとっては大きな痛手(aldo_dz/gettyimages)

 今年はデジタルでの開催となったCESラスベガス。記者会見でも昨年のコロナによる生活の変化、また米国での黒人差別に反対する運動の広がりなど、様々な社会問題への言及が目立った。

 その中で、様々な面でのプレゼンス、強みを見せていたのが韓国LG電機の存在だ。テスラ社へのEV用バッテリー供給などが話題となったLGだが、現在は自動車部門も持つ総合的な企業へと成長している。

 まず記者会見では、コロナによって変わった人々の生活への支援となる製品の紹介を「Life is On」というテーマで紹介した。コロナへの不安を少しでも取り除く、Puri Careと名付けられた空気清浄機のラインナップには、業務用の大型のものから個人が持ち歩きオフィスなどのデスクでも使用できるミニサイズのもの、そして空気清浄フィルターがついたマスクなど幅広い製品が紹介された。

 また洗濯機、乾燥機、食器洗い機、コードレス掃除機でも同様に、ウィルス除去機能、殺菌効果などを付加した製品を次々に発表。人々に安心を与える、というのが製品作りのテーマになっている。

 冷蔵庫は両開きの片側のドアに工夫があり、2回ノックするとドアが透明になって中のものが見える、というものが紹介された。冷蔵庫を開けなくてもストックがチェックでき、賞味期限切れなどが防ぎやすい、というものだ。さらにドアに内蔵されたウォーターサーバーにはUVナノ・テクノロジーを使った浄水機能が付く。

 ホテル、オフィスなどのUV-Cロボット、CLOiというシリーズは、自律走行型でUVライトにより室内、家具などを殺菌する。時代のニーズに合わせた製品と言える。

 さらにコロナで家にこもりがちな人々へのエンターテイメント提供としてのOLEDテレビの紹介、世界で初めて8Kのゲーム対応スクリーン、ノートPCなども併せて紹介された。

関連記事

新着記事

»もっと見る