2022年12月8日(木)

海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2021年4月1日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

バイデンの懸念材料

 ただし、バイデン大統領には少なくとも3つの懸念材料があるのも事実です。第1に、米公共ラジオ、公共放送及びマリスト大学(東部ニューヨーク州)が行った共同世論調査(21年3月3~8日実施)では、49%の男性の共和党支持者が「ワクチンの準備ができても接種しない」と回答しました。同調査では、トランプ支持者のうち47%が接種しないと答えています。

 うえの数字に関して、西部コロラド州コロラドスプリングス在住の共和党支持の白人男性(64)は、「ばかげている。トランプ支持者を教育する必要がある」と語っていました。ちなみに、この男性は接種を2回終えています。

 第2に、グアテマラ、ホンジュラス、エルサルバドルの中米「北部三角地帯」から親を伴わずに米国とメキシコとの国境に押し寄せてくる「子ども移民」の問題です。彼らは米国側の政府施設に収容されていますが、定員を超えて対処できない状態に陥っています。中には床の上で寝起きする子どももおり、彼らの人権が争点になっています。

 バイデン氏は移民問題の責任者にハリス副大統領を指名しました。ハリス氏は早速、グアテマラのアレハンドロ・ジャマティ大統領と対策を協議しました。

 現時点で共和党がバイデン大統領に対抗できるのは、おそらく移民問題でしょう。移民問題におけるバイデン氏の支持率はロイター通信とイプソスによる調査(21年3月17~18日実施)によれば、41%で50%を下回っています。同党のケビン・マッカーシー院内総務やリンゼー・グラム上院議員(南部サウスカロライナ州)らがメキシコとの国境を視察したのは、新型コロナ対策及び経済ではバイデン氏に勝ち目がないと計算したからです。

 共和党のみならず、民主党中道派のヘンリー・クエラー下院議員(南部テキサス州)もバイデン政権の移民対応に不満を漏らしています。今後、同党左派も声を上げる可能性があります。しかもバイデン氏にとって、「子ども移民」の問題は人権で非難されている中国に攻撃材料を与えることにもなります。

 第3に、ジョージア州で成立した「投票制限法」です。正攻法では勝利できない同州の議会共和党は、投票のルールを変更して、民主党支持者の投票意欲を「抑圧」する戦略に出ました。

 例えば、その戦略には投票時間や期日前投票の短縮、黒人居住区の投票所の削減などが含まれています。つまり、投票率を下げて民主党支持の票を減らす意図があることは明らかです。

 支持率を見る限り、好調な滑り出しをしたバイデン政権ですが、うえの3つの懸念材料の中で「子ども移民」の問題が同政権に影を落とすかもしれません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る