WEDGE REPORT

2021年6月22日

»著者プロフィール
閉じる

樫山幸夫 (かしやま・ゆきお)

元産經新聞論説委員長

元産經新聞論説委員長。政治部で中曽根首相番、竹下幹事長番、霞クラブ(外務省)詰め、ワシントン特派員、同支局長、外信部次長、編集局次長、正論調査室長兼論説委員、産経新聞社監査役を歴任。2度のワシントン勤務時代は、ホワイトハウス、国務省などを担当、米国の内政、外交など幅広く取材した。

女装、公衆トイレで着替え

 2016年の米大統領選に、ロシアがサイバー攻撃など不正に介入した際、アメリカがロシアに制裁を発動、両国の外交官追放合戦に発展した。

 ロシアのラブロフ外相は、「アメリカの大使館員は、スパイ活動に関与しているだけでなく、反政府集会にも何度も参加している」などと非難、その一端を〝暴露〟したことがある。

 変装した外交官が身分証明書を提示せず、米大使館に入ろうとして、制止したロシア人警備員を殴った、女装した大使館員が公衆トイレで着替えをしたーなどだが、真偽のほどは、あくまでも不明だ。

 「ブリッジ・オブ・スパイ」で描かれた物語から半世紀以上。いまなお、スパイ合戦は激烈を極めているようだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る