2022年12月5日(月)

INTELLIGENCE MIND

2021年11月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小谷 賢 (こたに・けん)

日本大学危機管理学部教授

1973年生まれ。ロンドン大学キングス・カレッジ大学院修士課程修了、京都大学大学院博士課程修了。防衛省防衛研究所主任研究官、英国王立防衛安全保障研究所(RUSI)客員研究員、防衛大学校講師等を経て現職。主な著書に『インテリジェンスの世界史』(岩波現代全書)、訳書に『特務 スペシャル・デューティー』(日本経済新聞出版社)など。

 アフマディローシャン博士に至っては、運転中の車のドアに吸着式の爆弾をバイクで仕掛けられ12年1月に暗殺された。さらに20年11月にはイランの核開発の中心人物であったファクリザデ博士が、移動中の車の中で、遠隔操作とみられる銃撃によって殺害された。

2012年、イランの物理学者・アフマディローシャン博士が乗車し、爆破された車 (KAVEH KAZEMI/GETTYIMAGES)

 他方、10年9月、イラン鉱工業省はイランが海外から大規模なサイバー攻撃を受け、産業用パソコン約3万台にコンピューターウイルスの感染が見つかったと公表した。このウイルスは「スタックスネット」として知られるワーム(増殖するプログラム)の一種である。スタックスネットは、同年6月にベラルーシに拠点を置くセキュリティーソフト会社が発見していたが、当時、このニュースは注目を集めなかった。しかしこのイランへの攻撃によって、たちまちサイバー業界における関心の的となったのである。

 スタックスネットは極めて高度なワームとして知られている。いったん端末への侵入に成功すると、自身を自動的に更新して存在を悟られないように潜伏する。そしてドイツのシーメンス社製の工場向けプラント制御用ソフトウエアだけを発見すると攻撃を開始し、制御システムのファイルを書き換えてしまうのだ。

 その結果、同制御システムによってコントロールされる機器は設計通り作動しなくなる。このシーメンス社の制御システムは、イランのナタンズにあるウラン濃縮施設の遠心分離機にも使用されており、スタックスネットはこの遠心分離機のモーターを制御するシステムに干渉し、モーターの回転速度を変化させる書き換えを行ったと推察されている。

 こうしてウランの濃縮が想定されていた通りに行われず、核兵器開発に必要な濃縮ウランが十分に生産されなくなる。イランの原子力施設にある多くの遠心分離機が稼働できなくなった。

誰が仕掛けたのか?
謎多き真犯人

 問題はこれほどのワームをどこが作り出したのかということである。さまざまなニュースやレポートが、米国のサイバー戦を担う国家安全保障局(NSA)とイスラエルによる共同作業であることを示唆しているが、今のところ明確な証拠はない。さらにモサドや軍のサイバー・通信情報部隊である8200部隊の関与が噂されている。

 スタックスネットの開発のためには、ナタンズのウラン濃縮施設の制御システムにシーメンス社製のものが使われていることを調査し、遠心分離機の現物を入手する必要もあったであろう。さらに実際にシステムに感染させるためには、部内者の協力が不可欠であるため、そこにモサドの関与があっても何の不思議もない。

 いずれにしてもイスラエルはイランの核開発に対して、執拗な暗殺とサイバー攻撃を行い、その開発を一時的に頓挫させている。想定では15年に核武装するはずだったイランは、21年の現時点に至ってもそれを実現できていない。

 もちろんこれは15年7月にイランと米英仏独中露の間で締結された核合意によるところが大きいが、その後18年5月には米国が合意を破棄したため、現在もモサドはイランの核開発に神経を尖らせているのだ。

 Wedge11月号では、以下の​特集「脱炭素って安易に語るな」を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。
■脱炭素って安易に語るな
PART1 政治主導で進む脱炭素 日本に必要な〝バランス感覚〟
編集部
PART2 おぼろげな46%減を徹底検証〝野心的〟計画は実現なるか
間瀬貴之(電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)
永井雄宇(電力中央研究所社会経済研究所主任研究員)
PART3 高まる国家のリスク それでも再エネ〝大幅増〟を選ぶのか
山本隆三(常葉大学名誉教授)
PART4 その事業者は一体誰?〝ソーラーバブル〟に沸く日本
平野秀樹(姫路大学特任教授)
PART5 「バスに乗り遅れるな」は禁物 再び石油危機が起こる日
大場紀章(ポスト石油戦略研究所代表)
PART6 再エネ増でも原発は必要 米国から日本へ4つの提言
フィリス・ヨシダ(大西洋協議会国際エネルギーセンター上席特別研究員)
PART7 進まぬ原発再稼働 このままでは原子力の〝火〟が消える
編集部

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2021年11月号より
脱炭素って安易に語るな
脱炭素って安易に語るな

地球温暖化に異常気象……。気候変動対策が必要なことは論を俟たない。だが、「脱炭素」という誰からも異論の出にくい美しい理念に振り回され、実現に向けた課題やリスクから目を背けてはいないか。世界が急速に「脱炭素」に舵を切る今、資源小国・日本が持つべき視点ととるべき道を提言する。

新着記事

»もっと見る