2022年9月27日(火)

Wedge REPORT

2022年9月16日

»著者プロフィール
閉じる

馬場未織 (ばば・みおり)

二拠点居住ライター

日本女子大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建築ライターに。2007年から平日は東京、週末は千葉県南房総市の里山の二地域で居住する。田舎暮らしなどをテーマに執筆活動を展開。南房総の里山と都市に暮らす人をつなぐNPO法人南房総リパブリックの理事長も務める。著書に『週末は田舎暮らし ~ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記~』(ダイヤモンド社)、『建築女子が聞く 住まいの金融と税制』(共著・学芸出版社)など。

「歳を重ねる楽しみへの見通し」を構築する時代へ

 介護保険制度は高齢者やその家族を支えるためになくてはならないものだということは、改めて確認しておきたい。その上で、保険適用内のサービスを起点に考えるとどうしても対処療法的な解決策になることも自覚すべきだと考える。

 ヒトの人生と地域のあり方を一連のものとして認識し、俯瞰し、「全体が長く立ち行くために必要なもの」を生み出し直すといった根治療法的なアクションを起こす必要があるはずだ。

 なぜならば、わたしたちが好むと好まざるとに関わらず、超長寿社会はおそらく今後も継続するからだ。もはや「生産活動のできる時代はハレを生き、介護や福祉をケの方に押しやり、歳をとったら泣きながらケへの橋を渡る」といった見通しに甘んじる時代ではない。

 介護する立場と介護される立場が断絶せず、ひとりの人間の中でも地域の中でもシームレスにつながり、歳を重ねることを楽しみにできる見通しの中に身を置きたいと考える方が自然である。

 次世代型のケアプランとは、子どもやケアマネにその内容を託すものではなく、自身が主体的に超長期的につくりあげていくものになっていくのではないだろうか。保険適用サービスの組み合わせを考える直近のケアプランではなく、近くの高齢者とともに楽しみながら暮らしをまわしていく学びを自身から後世へと伝えていくプランである。

  
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る