2024年3月2日(土)

オトナの教養 週末の一冊

2023年8月12日

 これらは殊更に特別なことではない。発想を転換して、自分の気分を行動にどう乗せてゆくかについての実践的なアドバイスである。

 一読すると、ごくあたりまえのことばかりではないか、と思う向きもあるかもしれない。だが、それができないのが多くの人間なのである。

 仕事から帰って翌朝仕事に出るまでどのように時間を使うか。自分なりのルーティンを確立していけば人生は豊かになり収入もついてくると本書は指摘する。

世界的スターを再考

 次の一冊は『ディスカバー・ビートルズTHE BOOK』(NHK-FM 『ディスカバー・ビートルズ』制作班編、シンコーミュージック・エンタテイメント)。

『ディスカバー・ビートルズTHE BOOK』(NHK-FM 『ディスカバー・ビートルズ』制作班編、シンコーミュージック・エンタテイメント)

 3年前にビートルズの結成60年&解散50年の節目に放送されたNHK-FḾの番組「ディスカバービートルズ」の内容をほぼそのまま書籍にした。ちなみに現在、その番組の続編として「ディスカバービートルズⅡ」を毎週日曜日の午後放送している。今回はデビュー・アルバム発売から60年の節目でビートルズを見つめてみようという企画である。

 本書はラジオの音源をもとにしているが、文字になってもラジオで聞いた番組の魅力をそのまま感じることができる。

 番組のナビゲーターを務めるミュージシャンの杉真理氏のビートルズ全曲の解説は、録音の日時まで言及する詳しいもので、バンドと当時の時代状況が垣間見える。またビートルズが好きな著名人が選ぶ一曲が紹介されるが、まさにそれぞれで、ゴダイゴのタケカワユキヒデ氏が「Happiness Is A Warm Gun」を選ぶなど、この人がこれを好きなのかという驚きもある。

 このほかビートルズゆかりの人の紹介や、日本人ジャーナリストとして初めてビートルズの単独会見に成功した星加ルミ子氏との対談からは、人気絶好調のスターでありながら、飾らないメンバーの雰囲気が伝わってくる。

 世界的なロックバンドであり世代を超えてファンも多く、関連するエピソードを知っている人も多くいると思うが、意外と知らないことがあったり、「実はそうだったのか」と再発見したりする事実も多く詰まっている。まさに「見直しの妙」である。

 中には上級者ファンをうならせるような記述も多く、新たなビートルズを文字通り「発見」することができる。帰省や旅行で長時間飛行機や電車に乗る人も多いと思うが、そうした場面でじっくり時間をかけて読むのにぴったりの本である。


新着記事

»もっと見る