2024年2月21日(水)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2024年2月12日

 この社説は、11月の大統領選挙の前と書いているが、大統領選挙でトランプ前大統領が再選される可能性が高まっている。彼が再選されれば、また、極端な親イスラエル政策を取るのは間違いなく、和平は遠のき暴力の連鎖が続こう。しかし、時間がなさ過ぎる。

パレスチナ側にも問題

 長年、このアラブ諸国のイスラエル承認とパレスチナ独立国家の樹立のパッケージが実現しなかった別の理由は、パレスチナ側の統治能力の問題である。

 イスラエルとしてもパレスチナ独立国家を認めた後、イスラエルの抹殺を主張するパレスチナ過激派がパレスチナ独立国家を拠点にイスラエルでテロを繰り返されては困る。イスラエルの建国の理念は、600万人のユダヤ人が虐殺されたホロコーストの悲劇からユダヤ人が安心して暮らせるユダヤ人の国を持つというものであり、統治能力の無いパレスチナ独立国家は絶対に認められない。

 しかし、高齢のアッバース大統領のパレスチナ自治政府には統治能力が無に等しいというのは衆目の一致するところだ。イスラエルに圧力を掛ければ何とかなるというのは楽観的に過ぎると思われる。

『Wedge』2024年1月号で「世界を覆う分断と対立 異なる者と生きる術」を特集しております。雑誌はアマゾン楽天ブックスhontoなどでご購読いただくことができます。雑誌の試し読みはこちら。 

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る