2024年5月24日(金)

世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2024年2月28日

 また、サウジがイスラエルとの国交樹立の見返りとして求めている米国とサウジの安全保障協定については、人権問題や油価の高騰への不満から、やはり上院が批准すると思われない。11月の米大統領選挙でトランプ前大統領が復活しても、状況は変わらないだろう。

簡単には声明は出せない

 アラブ諸国の指導者達が、スローガンは別として恐ろしい程までに今回のガザの衝突に対して冷たいのは、イスラム原理主義グループのハマスとその母体のムスリム同胞団に対する強い警戒心があるからだが、同時にサウジと同様に彼等は少なくない親パレスチナ・反イスラエルの国民を抱えており、このタイミングで親イスラエル的姿勢を示せば国内で強い反発が起きることを恐れているからであろう。従って、ボルトンが言うような「ガザの衝突はアラブ・イスラエル紛争等ではない」という声明が出せる訳がない。

 中東の問題は何であれ解決が容易ではないが、バイデンに限らず米国人が自分達の価値観に基づいた一方的な中東への見方が問題解決を困難にしているように思われる。

【教養としての中東情勢】特集はこちら

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る