科学で斬るスポーツ

2015年1月9日

»著者プロフィール

 かつて、日本国内のツアーで見せた、思い切りのよいドライバーショットはどこに行ったのか。完全に自信を失い、その自信喪失が、アプローチやパットにも影響した形だ。SGP、SGT2Gの数字がそれを示す。

 なぜ、石川がこうなったのか。

 「PGA病にかかったのではないか」とも言われる。日本で活躍した選手が、PGAツアーに参戦する一流の選手を前に、自分のゴルフができなくなる症状をさす。圧倒的なパワー、技術を前にして、少しでもそれに追いつこうと力んだり、焦ったりして、体の動きに微妙なズレが生じてしまうからだ。多くの日本人選手がこのPGA病に苦しんだ。PGAツアー3勝の丸山茂樹もこの病に苦しんだとされる。

 「石川の場合、ティー・ショットのアドレス時の重心が、ボール1~1個半(4~5cm)ほど右足よりにずれている。このズレが、バックスイングで更なる重心のズレを生み、修正が出来ずに苦しんでいる。そのために、ドライバーが安定しないと考えられる」

 『ゴルファーなら知っておきたい「からだ」のこと』(大修館書店)の著者の1人である、PGAティーチングプロの浜田節夫さんは指摘する。

図3 重心(赤丸)を、体の中心線(赤い縦線)より前においた浜田さんのアドレス。左足に体重を53%ほどかけるイメージという。米トップ選手は、この重心が回転時にほとんど動かない(出典:『ゴルファーなら知っておきたい「からだ」のこと』(大修館書店))

 浜田さんによれば、米トップ選手(右打ち)の重心は体の中心線より左側にある(図3)。「ゴルフのような短時間で素早い動きをするスポーツで、瞬時に重心を切り替えるのは難しい。重心を最初から左に置いておけば、次の動きが速くなるし、ドライバーの飛距離と正確性は飛躍的に向上する。しかし、石川は、PGAで勝つために距離を延ばそうと、重心が国内ツアーで活躍していた時に比べ、右足方向にずれてしまった。そのズレを修正できていないため、上体が不安定な動きになっている。バランスの悪いスイング」と強調する。

 どうしてこうなったのかについて、浜田さんは、「石川は、国内ツアーなどでは多少スイングで手や体がずれていても、インパクト時に、瞬間的、反射的に卓越した運動神経で微調整ができていた。いわばセンスでカバーしていたと言えよう。しかし、距離の長い米ツアーでは、飛距離をかせごうと無理に力むなどして、本来の良さを見失った。不振から脱出するには、自分の距離、自分のゴルフで戦う姿勢に切り替えることが大切だ」と強調する。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る