未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2015年12月14日

»著者プロフィール

 

結婚したいのは子供が欲しいから

 

iStock

 「成果はどうだったんですか?」と聞くと、

 「好きな人には振り向いてもらえず、好まない女性にばかり好かれます」と苦々しい顔をした。

 正岡さんは、婚活を始めた当時から30歳くらいの女性と知り合いたいと思っていたのだが、彼を「いい」と言ってくれるのは、アラフォー以上の女性たちばかり。

 「自分は子供が欲しいから結婚したいと思っているので、子供のことを考えると相手は30歳くらいがいいと思うんです。なのに、自分をいいというのは、アラフォー以上の方ばかり。30歳くらいの女性には、なかなか相手にしてもらえません」

 しかも年齢が上がってゆくにつれて、彼と希望する女性との“年の差”は開いていくばかり。

 45歳を超えるころからは、パーティーから足が遠のいた。

 

若い女性を好む男性たち

 

 「若い女性と結婚したい」

 「35歳以下の女性と知り合いたい」

 婚活の取材をしていると、あらゆる年代の男性から、同じ意見を聞かされる。

 その理由については、「子供が欲しいから」というのが多くを占めるが、それ以外でも、

 「自分は精神年齢が低いから、20歳くらい年下の女性がちょうど合うと思うんです」(49歳・マスコミ)

 「年齢で判断しているのではないですが、見て“いいな”と思う女性が、たいてい30代半ばくらいで、40歳以降の女性では“いいな”と思える人が少ないんです」(51歳・自由業)

 「若く見られることが多いので、一回り以上下の女性と合うんです」(52歳・専門職)

 「気持ちが若いので、20代と話していても『違和感ないですね』と言われます」(53歳・サービス業)

 ……という声などが聞かれた。

 

アラフォー男女は話が合わない?

 

 回答をくれた男性の中で、「過去5年以内に女性と付き合った経験のある人」は、ほぼいなかった。また、「いる」と答えた人たちもよく聞くと、「仲良くなった女性はいる」とか、「数回食事に行った」程度で、男女として真剣に付き合った“実態”は感じられなかった。

 しかし彼らは、「お互いのタイミングが合わなかったので、結婚に至らなかった」ととらえていた。

 こうした意見を結婚相談所の人に伝えると、「同世代の女性に目を向けたら」とアドバイスされると言う。

 しかし、現実に同世代女性に目を向けようとする男性は少ない。

 

同世代女性と年下女性の声は……

 

 では、もう一方の、30歳前後の女性たちは、50歳前後の男性たちをどう思っているのだろうか。広く声を拾ってみると、

 「同世代の男性の方が、話が合う」(30歳・広報)

 「お見合いで50歳手前の男性を紹介されたが、おじさんにしか見えなかった」(34歳・サービス業)

 という人たちがいる一方で、「20歳年上の人と婚約しました」(28歳・バイト)「イケている人なら、全然ありです」(33歳・医療)「社長さんとかお金がある方なら……」(30歳・IT)という女性たちも、ちらほらといた。

 

関連記事

新着記事

»もっと見る