2024年4月16日(火)

未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2015年12月14日

 

50歳で子供を持てるのか?

 

 子供問題に関しては、「女性は35歳を過ぎると妊娠の可能性が低くなる」とは、よく言われる。

 ただ、最近は「男性にも不妊はある」「男性も年齢によって妊娠可能性は低くなる」ということも知られ始めている。

 また、経済的な面で考えれば、会社員なら定年があるから、心配にはならないのだろうか。

 私が取材した未婚男性たちは50歳前後でも、女性たちよりは気軽に「子供が欲しい」と口にする人が多かったのだが、彼らには経済的な不安や体力的な心配はないのだろうか?

 正岡さんに聞いてみると、

 「妊娠の可能性などについては、考えたこともありません。それと、定年が近いということについては、定年後も子育てに問題がないように、一生懸命働いてきて、それなりの資産がありますからあまり心配してません」とのことだった。

 

「持てるか」の観点では考えない

 

つまり、

 「子供が欲しいが、“できる・できない”で考えることはなく、また、急いで婚活をするよりも生活をする中で自然に素敵なアラサーと出会えたらいい」という認識を持っているのだろう。

 こうした考えをする50歳前後の男性は、正岡さんだけではない。

 「結婚したい」という男女を取材していると、女性は「婚活をして、“いい人”を探したい」と言って、実際にさまざまな挑戦をしている人たちが多い一方、50前後の男性たちからは、こんな声ばかり聞かされる。

 

恋に憧れる男たち

 

 「特に何もしていない」(正岡さん)

 「いい人が現れたらいいとは思っている」(51歳・メーカー)

 「コンビニの店員さんが可愛いから、仲良くなりたい」(49歳・自由業)

 「素敵な女の子が声をかけてくれないかな」(47歳・SE)

 いずれも「結婚したい」と言っている男性たちなのである。

 ……この中で、「ある日突然可愛い子が自分に恋をしてくれたら……」と言ったのは、先日50歳の誕生日を迎えたフリーランスの男性だ。

 彼は仕事柄、「一人でいることを優先して」生きてきた。

 傍らに女性がいると、「邪魔で集中できないから」である。

 

可愛い子が自分に恋をする?

 

 だから30代の最初まではつきあった女性が2人いたのだが、距離が近づくとストレスになって、短い時間で別れてきた。

 その後、30代の半ば以降は、異性関係がなにもなく、今日までの10年以上をひとりで変わりなく過ごしてきた。

 その彼から、こんなメールをもらった。

 「もっと行動的にならなくては。今のままでは生きている意味がなさ過ぎる!」

 ……どんな変化があったのだろう?

⇒第7回後編(12月15日配信)に続く。

*プライバシー保護のため、個人に関する事実については一部内容を変更しています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る