定年バックパッカー海外放浪記

2016年5月7日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

 中国では江沢民時代に北京、上海、広州などの大都市がある沿海部と内陸部の地域経済格差解消、石油・ガスなどの天然資源の開発、さらには少数民族対策のために西部大開発計画が推進され胡錦濤政権にも継承された。そして習近平政権では「一帯一路」(陸と海のシルクロード)構想に拡大進化している。内陸部で経済活性化のインフラを整備することで少数民族の生活も向上したことは間違いないであろう。

紅軍による武力制圧を暗黒支配からの「解放」定義し、「解放された各少数 民族が自主独立に歓喜のダンスをしている」と解説。


中国の共産党独裁体制には民主主義・自由主義が正義であると信じている欧米諸国からは多々批判される部分があるが、このような大規模な開発を短期間で成し遂げることは共産党による強権政治でなければ実現不可能であったのではないか。そして多少の人権や言論の自由は犠牲にしても共産党支配を正当化できるのではないかと思った。

日中仏混成旅団で梅里雪山の山麓を
3泊4日のトレッキング

西当温泉の極寒の山小屋で震える小趙、シドニー、マチルダ

 3月1日夕刻 飛来寺に乗合タクシーで到着すると梅里雪山の麓まで行くのは4人だけであった。私と雲南省の男子学生(小趙)、厦門の土木工学専攻の女子学生(英名:シドニー)、フランス人の女子医学生(マチルダ)である。寺から西当温泉までさらに車で移動。山小屋風ゲストハウスはオフシーズンのため閉まっており、近くの集落に住んでいるオーナーを呼んで開けてもらう。農民のオーナーは目ざとく我々の足元をみて一泊50元(1000円弱)を要求。マチルダが中国語で延々と値段交渉するも断念。彼女は高校時代第二外国語で中国語を選択して漢字もかなり読めるようで頼もしい。

関連記事

新着記事

»もっと見る