前向き女性になれる やわらかライフ&やわらかマネー

2016年11月11日

»著者プロフィール
閉じる

加藤梨里 (かとう・りり)

ファイナンシャルプランナー

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任助教。2011年3月慶應義塾大学大学院修了。保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーのご相談、セミナー講師などを経験。2014年に独立し「マネーステップオフィス」を設立。専門は保険、ライフプラン、節約、資産運用など。大学では健康増進について研究活動を行っており、認知症予防、介護予防の観点からのライフプランの考え方、健康管理を兼ねた家計管理、健康経営に関わるコンサルティングも行っている。

不安を客観的に捉えて、前向きになる体制を整えよう

 なかには、高額な数字を目にして気が遠くなってしまった人もいるかもしれません。確かに、30歳から30年で1500万円を貯めようとしたら、毎月4万円以上の貯蓄をしなければなりません。今だって毎月のやりくりがきついのに、そんな金額を貯めるなんてとても無理、という声も聞こえてきそうです。

 でも、だからこそこのリスクを知ったうえで前向きに生きていくことが大切なのです。上記の試算は60歳退職を前提に計算していますが、健康でもっと長く働ければその分負担は減ります。また、途中で結婚すれば、それまでに貯めてきたお金は夫婦の資金づくりのアドバンテージになります。なにより、ただただ正体不明な不安に恐れおののくよりも、客観的な数字を知っておくことが不安な気持ちを解消する鍵なのです。

 これからおひとりさまを貫く人も、路線変更する人も、今の時点で不安なのは皆同じです。ならば、その不安を少しでも小さくして、今日という一日を前向きに生きたいもの。まずは不安を客観的に見つめて、これからそのためにどうアクションをとっていくかを冷静に考える体制を整えてみてはいかがでしょうか。

(企画・編集協力SAKU)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る