2023年1月27日(金)

足立倫行のプレミアムエッセイ

2016年12月29日

»著者プロフィール

 「私も子供の頃はやったけど」と呟くS。私も彼女も動くことさえできず、足元に転がってきたピーナッツ数個を拾ったのみだった。

 たまに怪我人もでるそうだが、当然だと思った。ピニャータは、敬虔なポサダとは裏腹の(背中合わせの)、原始的な情熱を掻き立てる余興なのだ(聖と俗を両極端まで見せる、という意味できわめてメキシコ的?)。

 その後、Sの家でクリスマスの飲み物のポルチェ(果物を煮込んだ温かい飲料)と伝統料理のタマレス(肉入り蒸しトウモロコシ)をご馳走になった。隣の部屋は家具が片付けられ、ミニ・ダンスホールのようだった。食後は夜明けまで、親戚や友人、知人がやってきて一晩中踊り明かす予定だという。

 「その前に、地区の教会で真夜中のミサがあるんだけど、行かない?」、Sが言った。「でも僕は、カトリックじゃないけど」「関係ないわ」、Sは私の手を引いて外に出た。

 道すがら、先刻ピニャータが行われた中庭が見えた。薄ぼんやりとした街灯の下に、メチャクチャに叩き壊されたピエロやクマ、星の形のピニャータなどが積み上げてあった。

 私はその光景を目にした時から45年もたって、「ああ、あの激しい破壊の対象となるピニャータの中に、今年はたくさんのトランプ型人形も混じるのか」と、感慨深く思った次第なのである。

   
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る