2024年7月20日(土)

「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2017年1月31日

PT「C」A型に改革

「秋津・地域であそぼう!」教室の一環で工作クラブのおじさんらと一緒に休日に秋津小学校コミュニティルームで「カプラ」を積み上げる秋津っ子たち(広義の学社融合)

 改革が進み、わが子が卒業してもサークル活動等の楽しさから「卒業しないで学校通いを続ける親」や他人の子らを気にかける親も増えていきました。

 そんな大人を「社会的親」といいますが、わが子にしか関心のない「私的親」が目立たなくなっていきました。

 いっぽう子どもの減少から会員も減り、負担増や不活発になりがちです。

 しかしPTAのOB・OGからC(CommuniTy)=子や孫もいない、ないし同居をしていない住民も含めた参画型のPT「C」Aに発展し、C自身が楽しみつつ現役PとTや子どもと融合するWin&Winの考え方が深化・進化していきました。

 このこともPTA改革の一助になりました。

入ってよかったPTAを

 ところで、私はPTAと関わる前は企業戦士でした。

 学校や地域のことはワイフの役目と思い込んでいました。

 しかしPTAに関わったことで多くのことを学びました。

 入ってよかったPTAを、英知を結集し創造していただくことを祈念しています。

 では次回まで、アディオス! アミ~ゴ!

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る