2024年5月25日(土)

韓国の「読み方」

2017年2月23日

 北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏がマレーシアの空港で殺害された。北朝鮮の関与は間違いないだろうが、具体的な犯行について確認されたことは少なく、捜査は難航必至だ。乱れ飛ぶ情報の多くは推測やあやふやな情報に基づくものであることに注意しなければならない。一方で、事件を見ていて私は一つの感想を抱いた。「事件がこれほど大きな国際的波紋を生むなどと北朝鮮は予想していなかったのではないだろうか」というものである。「まさか」と思う人が多いかもしれないが、実は、専門家にぶつけると「同感だ」という答えが返ってくることが少なくないのである。

マレーシアの空港で暗殺された金正男氏(写真:AP/アフロ)

金正恩氏の指示なくできる犯行ではない

 現地警察は、実行犯とされるベトナム人とインドネシア人の女、マレーシア在住の北朝鮮国籍の男らを逮捕した。さらに北朝鮮国籍の男4人を容疑者として特定したが、この4人は事件当日に出国して平壌に戻ったという。警察はさらに北朝鮮国籍の人物3人が事件に関与していると見ており、このうち1人はクアラルンプールの北朝鮮大使館に所属する外交官だという。ここまでくると、北朝鮮の組織的な関与があったと推定することには無理がないだろう。

 そして、北朝鮮の犯行であるならば、最高指導者である金正恩氏の指示に基づくものであるはずだ。金王朝の血統に連なる人物の殺害という重大性を考えれば、金正恩氏の指示もしくは承認なしに実行されるとは考えられないからだ。

 ただし、動機はまったく不明だとしか言えない。確実なのは、客観的に見て金正男氏を排除しなければならない理由など見当たらないということだけだ。余談になるが、こういう時は本物の専門家を見分けるチャンスでもある。テレビでは往々にして「分からない」というコメントが嫌われるのだが、ここで堂々と「分からないものは分からない」と言える人は本物だ。あるいは数日後にコメントの内容を精査すれば、発言の確度を確かめることもできる。


新着記事

»もっと見る