海野素央の Love Trumps Hate

2018年5月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

目立ちたがり屋

 積極的な外交に打って出た金氏は、米国から攻撃をされない環境を作りました。まず南北首脳会談の前に電撃的な中国訪問をして習近平国家主席と会談を行い、両国の雪解けを図り同主席から支持を得ました。次に南北首脳会談では融和ムードを高め、朝鮮半島の核・ミサイル開発問題に対して平和的解決を望む新しい北朝鮮のリーダー像を演出できました。金氏の思惑通りに事は進んでいます。

 文大統領は、米朝首脳会談の決裂を回避するためにメディエーターとして「最大限の外交努力」をしています。これもトランプ政権の北朝鮮への先制攻撃にブレーキをかけたので、金氏にプラスに働きました。

 冒頭で述べましたが、米国内でトランプ支持者の間でトランプ氏のノーベル平和賞受賞の期待が高まっています。熱狂的なトランプ信者の中には、「トランプは核を1つも使用せずに北朝鮮を交渉のテーブルにつかせた」とツイッターに書き込み、トランプ氏を絶賛した信者がいます。トランプ氏の写真に「ノーベル平和賞をこの男に与えよ」というメッセージを添えてツイッターに書き込んだ信者もいます。

 米中西部ミシガン州ワシントンで4月下旬に開いた支持者を集めた集会では、「ノーベル賞、ノーベル賞」という掛け声がかかりました。それに対してトランプ大統領は「仕事を遂行するだけだ」と答えながらも、満面の笑みを浮かべる場面がありました。目立ちたがり屋のトランプ氏がノーベル平和賞受賞を強く意識すれば、合意を最優先するあまり、骨抜きの合意をしてしまう可能性が高まります。これは金氏の望むところです。

関連記事

新着記事

»もっと見る