前向きに読み解く経済の裏側

2018年11月26日

»著者プロフィール
閉じる

塚崎公義 (つかさき きみよし)

経済評論家

1981年 東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の業務に従事。2005年 銀行を退職して久留米大学へ。現職は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は一個人として行うものであるため、肩書きは「経済評論家」とする。

家が借りられないリスクにも要注意

 筆者が「老後は絶対自宅派」である今ひとつの理由は、一人暮らしの高齢者に家を貸したがらない大家が多いことです。たしかに大家の立場としては、借家人である一人暮らしの高齢者が孤独死したら嫌ですからね。

 そこで、最悪の場合、借家派は老後になってから家が借りられずに困るという可能性もあるわけです。まあ、これから空き家が増えていきますから、そうなったら空き家を片っ端から訪ねて交渉してみるのでしょうね。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る