迷走する日本の「働き方改革」への処方箋

2019年4月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

立花 聡 (たちばな・さとし)

エリス・コンサルティング代表・法学博士

1964年生まれ。早稲田大学理工学部卒。LIXIL(当時トステム)東京本社勤務を経て、英ロイター通信社に入社。1994年から6年間、ロイター中国・東アジア日系市場統括マネージャーとして、上海と香港に駐在。2000年ロイター退職後、エリス・コンサルティングを創設、代表兼首席コンサルタントを務め、現在に至る。法学博士、経営学修士(MBA)。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。

 

「敗者復活」のチャンスを与える仕組み

 私が以前勤務していた外資企業では、権限を与えられた範囲内で失敗を許される。ただし、同じ失敗は2度までとされ、3回目をやったらアウトだ。それは失敗の問題ではなく、総括力と学習機能がないからである。

E+ / alubalish

 論理的な議論を経て結論を導き出し、結論が出たら行動する。行動して失敗した場合、寛容な心と体制で許す。さらに議論を重ね、失敗を総括して再挑戦すればいい。失敗には減点が付いても良い。ただ必ず敗者復活のチャンスを与えることだ。失敗して1点を減点、もう1回失敗したら2点を減点、3回目成功したら5点を加点。そうしないと、誰もが新しいことをやらなくなる。会社も社会も衰退するのみだ。

 「PDCAサイクル」は素晴らしいツールだ。ただ、「Plan:計画」「Do:実行」「Check:評価」「Action:改善」のなか、「計画」だけは気をつける必要がある。その「計画」がどのようなプロセスで形成されたか。計画は、論理的な議論を経て導き出された結論に基づかなければならない。

 故に、「Discussion:議論」→「Conclusion:結論」→「Do:実行」→「Check:評価」という「DCDCサイクル」を、私は提唱している。

連載:迷走する日本の「働き方改革」への処方箋

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る