海野素央の Democracy, Unity And Human Rignts

2021年2月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

なぜバイデンは弾劾裁判と距離を置いたのか?

 バイデン大統領はトランプ弾劾裁判について積極的に言及してきませんでした。弾劾裁判と距離を置いたのは明白です。ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は、この件に関する記者団からの質問に対して、バイデン氏はもはや上院議員ではないと回答しました。

 本来であるならば、弾劾裁判ではより多くの証人を召喚し証言を集め、それをベースにして判決を下すのが民主主義的プロセスであることは言うまでもありません。ところが証人を召喚すれば、審理は長引きバイデン大統領の追加経済対策案及び閣僚人事の承認は延期されます。バイデン氏は一刻も早い可決と承認を求めています。

 率直に言ってしまえば、バイデン大統領にとってトランプ氏に有罪ないし無罪の評決が出てもレガシー(政治的遺産)にはなりません。バイデン氏がトランプ弾劾裁判から距離を置いた本当の理由は、同氏のレガシーが新型コロナウイルスを収束させ、経済を回復させることだらかです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る