海野素央の Democracy, Unity And Human Rights

2021年5月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

「バイデン=危機的状況に強いリーダー」

 リーダーには平時に力を発揮するリーダーがいる反面、危機的状況に強いリーダーがいます。バイデン大統領は正に後者と言えそうです。

 バイデン氏は演説の冒頭、「危機と好機について演説をするためにここに来た」と述べました。

 確かにバイデン氏が大統領に就任したとき、新型コロナウイルス感染拡大、経済の悪化、民主主義に対する攻撃など米国は危機的な状況に陥っていました。同氏は人生においても危機が存在することを深く理解しています。演説の中で「人生は我々をへこます」と語りました。

 1972年に最初の妻と娘を交通事故で亡くし、長男のボー氏までも失ったバイデン大統領の非常に重みのある言葉でした。周知の通り、バイデン氏は吃音症の危機を克服しました。自分の人生の危機を好機に変えてきたのです。

 演説で語った「危機が可能性に変わる」「危機が好機に変わる」及び「後退が強さに変わる」は、バイデン大統領の経験と信念から出た言葉です。バイデン氏は今、自身の人生と米国が直面している危機を重ね合わせ、困難な状況に立ち向かっています。

バイデンの「ゲームチェンジャー」

 その結果、米国は着実に前進しています。例えば、1月20日の大統領就任時、2回目のワクチン接種を完了した高齢者の割合は、わずか1%でしたが、バイデン大統領は70%まで引き上げました。就任時から新型コロナウイルスによる高齢者の死者数は1月から80%も減少しました。しかも最悪の経済状況から脱出し、就任100日間で130万人の新規雇用の記録を達成したと報告しました。

 バイデン氏が演説で提案した「米国家族支援計画」では、「子ども減税」を通じて子育て支援を行います。例えば、6歳以上の子どもがいる家庭には最高で3000ドル(約33万円)の減税をします。

 一方、6歳以下の子どもがいる家庭には最高で3600ドル(約39万円)の減税を実行します。つまり、両親と2人の6歳以下の子どもがいる家庭には最高で7200ドル(約78万円)の減税になります。

 バイデン氏は子ども減税により、米国の家族が遭遇している危機を好機に変えようとしています。同氏はこれまでに打ち出した政策を、「ゲームチェンジャー(試合の流れを変えるもの)」と呼んでいます。

関連記事

新着記事

»もっと見る