2022年12月8日(木)

田部康喜のTV読本

2021年6月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

表参道を走る、走る

 駿は再度、オーナーに頭を下げて、シェフとしてやっていけるかどうか、テストを受けることになる。駿は合格する。

 香子は、くるみと駿がつきあっていても、デートもしていないことに心をくだいて、友人が那須塩原で開店して、1年後まで予約が取れないというフレンチレストランの食事の予約をとる。その日は、駿のレストランは、昼食の予約が1組は入っているが、17時過ぎの新幹線に乗るには、十分余裕があったはずだった。

 しかし、予約客は渋滞に巻き込まれて、食事の開始が遅れた。携帯電話をもっていない、駿はくるみに連絡がつかない。表参道を走る、走る。

 くるみが仕えていて、いまや同居人の元社長の葉山(向井)から、くるみに連絡が入る。トルコの事業資金が、くるみからSNSのフォロアーの投資家の社長を紹介してもらい、融資してもらうことになったことを報告した。駿とデートにでかける時刻が迫っているのに、マンションにまだいることに気づいた葉山は、香子(夏川)に電話を代わるように頼んで、駿ではなく、自分がフレンチレストランにいくことを承諾してもらう。

 「真柴にはいつも世話になっているから、いつも笑顔でいて欲しいいんです」と。

 そして、葉山も、くるみを目指して、走る、走る。駿の走るシーンと繰り返し、繰り返し、ふたりの姿がかわりがわりに画面を横切る。流れる風景は、表参道のしゃれた店々と、美しい並木道である。

 表参道は、これまでの映画とドラマのなかで、幾度も舞台となった。ふたりがくるみを求めて走るシーンは、制作者たちの記憶に残るだろう。

 葉山がついに駿より先に追いついて、ふたりは東京駅を目指してタクシーに乗り込む。

 道を隔てたところから、駿が「くるみー」と初めて名前を呼ぶシーンも切ない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

 

新着記事

»もっと見る