田部康喜のTV読本

2021年5月29日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

(Ig0rZh/gettyimages)

 朝の連続テレビ小説「お帰りモネ」は、清原果耶(きよはら・かや)をヒロインにして、その妹役に蒔田彩珠(まきた・あじゅ)を配した、少女の成長の物語である。

 大林亘彦監督が、蓮佛美沙子(れんぶつ・みさこ)を「20年にひとり」の女優と評したのにならえばいま、清原果耶と蒔田彩珠は「30年にふたり」の女優だと、筆者は思う。早生まれの清原が19歳、蒔田が18歳である。

 映画・ドラマ界は、ふたりを大切に育ててきたと思う。NHKの作品でいえば、連続テレビ小説「なつぞら」(2019年)において、清原がヒロインの広瀬すずと、戦災で別れて、再会する妹役を10歳代から30歳代までを演じてみせた。「透明なゆりかご」(2018年)もまた、忘れ難い作品である。産婦人科の看護助手役を演じて、命とはなにかを問うた。蒔田は黒木華が料理人を演じた「みをつくし料理帖」(2017年)で、住み込みの女中役で可憐な花を添えた。

 「透明なゆりかご」のなかで、清原と妊娠して出産した、蒔田がぶつかり合う演技を観て、いつかまた、いやこれから何度もこのふたりは競演するだろうと、このシリーズで筆者が評した(『「透明なゆりがご」小さな産院を舞台にした命の物語』)ことが懐かしい。ついに、そのときは来た。

 物語は、2014年の年を舞台に始まる。東日本大震災から3年の月日が流れた。しかし、10年後のいまもそうであるように、人々の心に残った傷は癒えることはなく、ドラマの底流には「震災」がある。

 永浦百音(清原果耶・ながうら・ももね)は、宮城県気仙沼育ちで、亀島で暮らす。「モネ」と家族や周囲から呼ばれている。高校を卒業する前に、祖父のカキ養殖業を営む、龍己(藤竜也)と銀行員の父・耕治(内野聖陽)、元教員だった母・亜哉子(鈴木京香)、妹・未知(蒔田)とこたつを囲みながら、「この島をでる」というのだった。

 「大学に進学してもいいんだぞ」という父・耕治の言葉にモネは、首を振るばかりだった。モネには、自分がいったい何をしたいのか、本当にわからないのだった。

 高校を卒業すると、モネは、祖父・龍己の知り合いである、宮城県登米市の新田サヤカ(夏木マリ)が山主である、森林組合で働くことになる。組合のオフィスを兼ねたしゃれた木造建築には、カフェや診療所もある。

 診療所の若手医師・菅波光太朗(坂口健太郎)は、週に1度、東京からこの診療所にやってくる。

 モネは、菅波にたずねる。それは、自分自身が求めるものを確かめたい気持ちが隠されている。

モネ 先生はどうして、お医者さんになったんですか?

菅波 あまり口をきいたことのないひとに、いきなり聞かれる質問でもないと思うけど。

モネ すみません。

菅波 いや、気になるだろうから。人の命を救いたくて、医者になった。月並みな答えで悪かっ   たね。

 テレビの天気予報で人気の天気予報士・朝岡覚(西島秀俊)が、山主のサヤカ(夏木)を訪ねてやってくる。山の暮らしを楽しみたいという。森林組合が企画した、森林セラピーにモネは、朝岡と同行することになる。朝岡は、雨が降り始める時刻をほとんど正確に予想して、森林組合にみんなで帰る。そのとたんに雨が降る。

 モネは、朝岡にもたずねる。

モネ どうしていまの仕事をやろうと思ったんですか?

朝岡 人の役に立ちたいからかな。

関連記事

新着記事

»もっと見る