田部康喜のTV読本

2020年10月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

(hansslegers/gettyimages)

 TBS「キワドい2人-K2-」(金曜午後10時)は、池袋署でコンビを組むことになった、キャリアの神崎隆一(山田涼介)とたたき上げの黒木賢司(田中圭)が実は異母兄弟であるという設定の推理劇である。元女子高校生の氏原彩乃(関水渚)が捜査に加わって、コミカルな味わいもみせる楽しめる娯楽作品に仕上がっている。

 神崎隆一と黒木賢司の父親・神崎賢造(椎名桔平)は、かつて池袋署の刑事をしていた。退職後は蕎麦屋を営んでいる。

 池袋署に赴任した、隆一の最初の任務は、コンビを組むことになった、黒木を探し出すことだった。黒木は酒浸りで、ギャンブルもやりたい放題だが、独自捜査に長けていて署のなかでは検挙率ナンバー1の敏腕刑事である。

 黒木からの携帯電話を通じた連絡は、名門女子大生のキャバクラ嬢(関水渚)の誘拐事件に巻き込まれたというのである。誘拐犯は、ふたりを閉じ込めた隣部屋に火を放った。現場にかけつけた隆一が、黒木が後ろ手に手錠でつながれていたガス管を強く左右するうちに、管がはずれる。爆発の危機が迫る。黒木は現場にあった、重曹などを利用して容器に入れて、火に投じる。爆風によって鎮火する。

 父親が建設会社の社長・氏原大吾(マキタスポーツ)の娘だというキャバクラ嬢(関水)は、実は建設会社の元従業員で足場から落ちて解雇された、元社員の娘で高校生を中退した、氏原彩乃だった。誘拐事件を仕掛けたのは彩乃。社長の本物の娘の学生証を盗んで、年齢を偽ってキャバ嬢になった。誘拐犯役の男と組んで、社長の氏原から5000万円を略取しようと企てた。

 氏原は5000万円を用意し、本気で彩乃を救おうとした。誘拐事件の裏を知った後は、彩乃の父親が手術できるようにカネを与え、復職も約束した。

 今回のドラマは、事件が解決されて、観るものをしみじみとしたエンディングへ誘うのが、心地よい。

 黒木(田中)は隆一(山田)に異母兄弟であることを明かして、隆一の住む家に引っ越してくる。このコンビに、誘拐事件の彩乃(関水)が加わって毎回、奇想天外な捜査が展開されるのが愉快だ。美容院に客として入り込んで、デマを流して、理容師のなかから容疑者をあぶりだす。社交ダンスクラブに入って、会員の高齢者から有力な情報を聴きだす。

関連記事

新着記事

»もっと見る