2024年5月21日(火)

経済の常識 VS 政策の非常識

2023年2月23日

 ロシアがウクライナへの侵略を始めて2月24日で1年となる。ウクライナの犠牲はもちろんだが、ロシアにとっても良いことは何もない。ロシアの若者が兵士として無駄に死ぬだけだ。

 筆者は、プーチン大統領がどうしてもウクライナを支配したいのは、同じスラブ民族で正教徒のウクライナ人が幸せになるのが許せないからだと思う。ウクライナ人は、幸福になる方法を見つけたのだ。それは自由と民主主義の国になることだ。

(AP/アフロ)

 豊かで自由で幸福な人々をロシア人が見れば、それが同じスラブ民族ならなおさら、ロシアはおかしいと思うだろう。もちろん、おかしいと思ったからといって、秘密警察に公然と反抗する人はそういないから、すぐにプーチン体制が崩れる訳ではない。しかし、国民に疑いを持たれた制度は、いつまでも続かない。それはソ連崩壊で秘密警察の仲間の諜報員だったプーチン大統領が経験したことだ。

なぜ自由と民主主義が幸福をもたらすのか

 自由と民主主義が幸福をもたらすことに懐疑的な方もいるかもしれない。しかし、自由とは、自分の好きなように発言し、行動した結果、他人にそしられるかもしれないが、秘密警察が夜中にドアを叩いて侵入することがないということだ。これは幸福の必須の条件である。

 もちろん、自由なだけではダメで、人間は食べなければならない。ところが、民主主義が豊かさをもたらすのも明らかだ。

 民主主義指数と腐敗認識指数というものがある。民主主義指数は、英エコノミスト誌傘下のエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が作成しているもので、各国の政治の民主主義のレベルを5つの部門―選挙過程と多元性、政府機能、政治参加、政治文化、人権擁護―で評価し、かつ統合している。数が大きいことが、民主主義の評価が高いことを示している。

 この指数では、北欧の国々とニュージーランドが最上位層を占めている。ちなみに、台湾10位、ドイツ14位、日本16位、イギリス18位、フランス22位、韓国24位、アメリカ30位、イタリア34位、ロシア146位、中国156位、北朝鮮165位。ミャンマー166位、アフガニスタンが167位で最下位である。


新着記事

»もっと見る