Wedge REPORT

2015年1月19日

»著者プロフィール

 今回、取材で訪ねたハードウェア・スタートアップの製品の多くは、日本の技術力があれば作ることができるかもしれない。しかし、ビジネスとして成立するかどうかも分からないモノに対して懸命に取り組む人がいて、そこに投資する人がいる。そんな人たちがたくさんいることが、日本との違いだ。シリコンバレーでは「多くの失敗の上にしか成功は生まれない」と、誰もが口にした。失敗も含めて将来に対して投資するのだ。

 ソフトとハードの融合した新しいモノづくりも進んでいる。「自動車の世界でも、コモディティ化が進み、シャオミー(小米=格安スマホで急成長する中国企業)のような企業が出てこないとはいえないでしょう」(宮田さん)と、ハードだけで勝負することが難しいのは家電製品だけではなくなるかもしれない。そこでは、UI、UXなどソフトとハードの融合がより求められるようになる。

 実際、MITで機械工学を修めた学生がフェイスブックなどIT企業でソフトウェアを学んで起業するなど、ハードとソフトの両方のスキルを持つ人材が増えているという。日本のメーカーにとっては、そうした人材が起業した会社を買収したりするというのも一つの手段になる。ただ、そこで自社のカルチャーに染めようなどとしてしまえば、ベンチャーが持つ新しいアイデアや能力を活かすことはできない。

未来学者で、スタンフォード大学教授のポール・サフォーさん。大学内にある「Dスクール」を案内してくれた。ものづくりばかりでなく、世の中の仕組みそのものをデザインし直そうというコンセプトで取り入れたれたカリキュラムだ

 シリコンバレーの強さは、カルチャーにあるといえる。未来学者でスタンフォード大学教授のポール・サフォーさんが「過去にすがりつけば、悲しい結末を辿ることになる」と話すように、シリコンバレーでは、失敗を恐れず、過去を否定するからこそ、新たなイノベーションが生まれるのである。

(写真・小平尚典)

▼おすすめの電子書籍

シリコンバレー流 ものづくり革命
著者:川手恭輔/中村修二/Wedge編集部

▼ご購入はこちら

Kindleストア
iBooks
楽天kobo
Kinoppy(紀伊國屋書店)
BookLive!

 
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2015年1月号より

 

関連記事

新着記事

»もっと見る