2024年7月23日(火)

Wedge REPORT

2015年6月25日

 「僕自身にイエスかノーか」。橋下にとって、出直し市長選は民意に寄り添う「改革者」から「権力者」へと変わろうとする、政治家としての分岐点だった。

 だが、「にわかジャイアン」橋下への風当たりは、それから強まる一方だった。

 「物事には譲歩できることとできないことがある。ただ、都構想は市役所を前提にした様々な団体の存続が危ぶまれる。話し合いで無理な場合は、最後は民意を使わせてもらわないといけない」。政界引退を表明した記者会見でこう本音を述べた橋下だが、民意を「頼る」のではなく、民意を「使う」と表現したところに、土壇場での決断を迫られた橋下の苦悩が見て取れないだろうか。橋下はやはりジャイアンになろうとして最後の賭けをしたのである。

 かつて橋下は自著『まっとう勝負!』で、自身が抱く政治家像を次のように記している。

 「政治家を志すっちゅうのは、権力欲、名誉欲の最高峰だよ。自分の権力欲、名誉欲を満たすための手段として、嫌々国民のため、お国のために奉仕しなきゃならないわけだよ。別に政治家を志す動機が、権力欲や名誉欲でもいいじゃないか! 嘘をつけない奴は、政治家と弁護士にはなれないよ! 嘘つきは、政治家と弁護士の始まりなの!」

 政治家と弁護士の両方の顔を持つ橋下は、この一節を鵜呑みにすれば「稀代の嘘つき」である。スネ夫からジャイアンになれなかった橋下だが、政治家として再び戻ってくる日はそう遠くはない。筆者はそう確信している。(文中敬称略)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2015年7月号より

 


 

 

 


新着記事

»もっと見る