定年バックパッカー海外放浪記

2015年11月8日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

『星降るテラスで極上のディナー』
世界遺産“マテラ洞窟住居群”

 マテラ旧市街のなだらかな坂を登りきった高台に大聖堂(Duomo)は聳え立っている。その横にひっそりと中世の女子修道院を改装したユースホステルがある。ここに五泊した。毎日旧市街を散歩したり周囲の洞窟教会が散在する丘をハイキングしたりとのんびり過ごしていた。

イタリア上陸第一歩 バーリの街の城壁
マテラの大聖堂
大聖堂の前の広場から望む昼間のマテラ洞窟住居群
夕暮れの灯が点き始めたマテラ洞窟住居群

 6月6日 昼下がりにハイキングから戻ると東洋系の女子がホステルのロビーでチェックインしていた。少し日焼けしておでこや頬が赤くなっていて可愛い印象。挨拶するとなんと“なでしこ”バックパッカーとのこと。長く務めた職場を辞めて時間ができたので南欧中欧を三か月間バックパック旅行していると。小柄で可愛い感じなので20代と思ったが「えーっ。もうアラフォーですよ。わたしアヤと申します。」とのこと。

関連記事

新着記事

»もっと見る