定年バックパッカー海外放浪記

2015年11月29日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

非常可愛的台湾小姐(フェイチャン・クーアイダ・
タイワン・シャオジエ”)

 9月5日 海雲台では若い夫婦が経営するゲストハウスに投宿。いわゆるDormitoryであり一部屋に二段ベッドが何台も並んでおり男女共用である。韓国人オーナーと日本人の奥さんは元々バックパッカーであり二人で世界中を旅行して旦那の故郷でゲストハウスを開業したとのお話。全体が清潔で配慮が行き届いている。

 朝6時ころ目が覚めてベッド横のカーテンを開けると色白の可愛い系東洋娘が同時にカーテンを開けて目が合った。咄嗟に“ニーハオ”と挨拶したら破顔一笑、“ニーハオ”と応答。彼女は玉嬋(ユイチャン)といって台湾の高雄から韓国の友人を訪ねて、昨夜遅くのフライトで釜山に到着したと。二十歳くらいにしか見えないが大学を卒業して既に社会人とのこと。ちなみに私は東洋系旅行者に遭遇して国籍不詳の場合は中国語、韓国語、日本語の順番で挨拶することにしている。通常の旅行地では圧倒的に中国系が多く、次が韓国人であり、日本人は比較的少ないからである。

ゲストハウスの2段ベッドで可愛的台湾娘ユイチャンと

 ユイチャンとおしゃべりしていると楽しくてテンションが上がってくる。文句なく可愛い。おそらく新橋で飲んでいるオジサン100人に聞けば120人が「かわいい。自分のタイプだ」と即答するような女子である。朝から頭の中で中国語の字幕スーパーが高速で回転して中国語が面白いように口から飛び出す。このときつくづく思った。45歳で中国語を独学で始めたときからコツコツと努力してきたことが16年後にやっと報われたと。

ゲストハウスの食堂でルームメイト全員集合!

 ベッドでおしゃべりしながら、まずは洗面して一緒に朝食を取りながら今日何をするか相談することになった。顔を洗って髭を剃っていると、ユイチャンはもうお化粧を終わっている。顔にローションか何かをパンパンとやってリップクリームを塗っておしまいである。「非常的簡単的」(とっても簡単だね)というと「化粧是太麻煩了」(お化粧は面倒なの)とあっさりしている。

関連記事

新着記事

»もっと見る