2023年1月31日(火)

海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年7月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

本選挙の見所

 各党の全国党大会で正副大統領候補が指名されると、本選挙に突入します。本選挙は、「空中戦対地上戦」の構図になるでしょう。メッセージとキャラクターで自身をアピールするトランプ候補と、戸別訪問を核とした地上戦を有利に進めるクリントン候補の対決になります。

 まず、空中戦の見所です。トランプ候補は。「不公平」「沈黙の多数派」「システムが仕組まれている」「法と秩序の候補」など移民、経済、テロなどに対して強い不満や怒りを抱いている有権者の心に突き刺さるメッセージを発信しています。一方、「不正直」とレッテルを貼られているクリントン候補は、効果的なメッセージを発信できていません。本選挙では、クリントン候補がトランプ候補のメッセージを上回る心に響くメッセージを有権者に出せるのかが問われます。

 次に、地上戦の見所です。民主党候補指名争いでサンダース陣営に参加していた熱狂的な若者がクリントン陣営に入り、一緒に戸別訪問を行い、同じ若者と非常にリベラルな有権者を説得してくれるかです。投票日当日、彼らが実際クリントン候補に投票をするかという点にも注目です。

 さらに、無党派層の票の奪い合いも本選挙の見所になります。トランプ候補が党内の保守派の票固めを優先して、ペンスインディアナ州知事の副大統領候補起用を決定したことにより、クリントン候補は地上戦で無党派層の票の獲得に全力を挙げるでしょう。

 もう1点挙げましょう。前回の「インディアナ州知事をトランプ候補が副大統領候補に選んだ理由」で説明しましたように、トランプ候補は明らかに中西部と白人男性票に焦点を当てています。この中西部と文化的単一性を組み合わせた選挙戦略が、クリントン候補の東部から西部までの激戦州と「異文化連合軍」を重ね合わせたそれに勝てるのか、筆者は特にこの点に注目しています。


  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る