「子縁」でつながる秋津地域のお父さん 

2016年8月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岸 裕司 (きし・ゆうじ)

秋津コミュニティ顧問

1952年東京生まれ。広告・デザイン会社の(株)パンゲア代表取締役、習志野市立秋津小学校PTA会長時に秋津コミュニティ創設、会長を経て現在顧問兼秋津小学校コミュニティルーム運営委員会顧問。文部科学省委嘱コミュニティ・スクール推進員、学校と地域の融合教育研究会副会長、埼玉大学・日本大学非常勤講師、ほか。著書に『「地域暮らし」宣言』『学校を基地にお父さんのまちづくり』(ともに太郎次郎社エディタス)、『学校開放でまち育て』(学芸出版社)など。

だれもが楽しむスポーツを

 また、地域で社会体育として運営する子ども対象の種目別のスポーツクラブなどでも、指導者によっては勝ち負けにこだわり、ご自分の種目のことにしか関心がなく、場合によってはほかの種目を嫌う傾向もあるようです。

 たとえば、古くは野球漫画の「巨人の星」がはやると野球にいく子が増えました。

 バスケの漫画「スラムダンク」がはやるとバスケにいく子が確かに増えました。

 すると、野球やバスケ以外の種目の指導者によっては、野球やバスケを憎むんです。あくまでも例えですよ、念のため。

 結果、子ども自身の意向を無視した子どもの取り合いに同じ地域内でなってしまいます。少子化なのにね。

 以前の秋津もそういう傾向がありました。

 そんな経験もあり、多世代で多種目が楽しめる総合型地域スポーツである今はNPO法人になって運営する習志野ベイサイドスポーツクラブ(略称:NBS HP:http://nbs.d2.r-cms.jp/)の創設になりました。

スポーツをしたい、楽しみたいという方なら大歓迎!の習志野ベイサイドスポーツクラブの多世代で楽しむ卓球

 NBSには、多世代で楽しめるソストバレー・少年少女バレー・三角ベースボール・卓球・女子サッカー・バトミントン・テニス・ラグビーから、最近は新種目のフラッグフットボールも習志野市に本拠がある社会人のアメフトチーム「オービックシーガルズ」と協働して活動しています。

 NBSの入会案内は「スポーツしたい人なら誰でもOK!」の見出しとともに、このような文章を記しています。

 「年齢、性別、居住地域、国籍などは一切問いません。このクラブの主旨に賛同して、入会してくださる方ならどなたでも入会できます」

 「スポーツをしたい、楽しみたいという方なら大歓迎! ご自分の都合に合わせて種目を選ばれてはいかがでしょう。別の種目に簡単に参加できるのもNBSの特色です」と、楽しみスポーツを掲げています。

関連記事

新着記事

»もっと見る