2024年5月21日(火)

田部康喜のTV読本

2016年11月9日

 みくりは、「恋愛条項」を手に取って、平匡の「自由意思」を迫る。「恋人が欲しい。忙しくてその対象を探せない。自分にとって、恋人になってくれる人は平匡さんしかいない」と。

 みくりは語りで次のようにいう。

 「さあ、津崎平匡、どうする? 自由意思で」

 非正規雇用と非婚化を明るく描く、ドラマの先にどんな恋愛がみえてくるのだろうか。

 毎回ラストで登場人物たちが、星野源の曲に合わせ踊る。剛力彩芽が主演のドラマ「グ・ラ・メ!-総理の料理番-」(テレビ朝日・今夏ドラマ)でも印象深かった。

 さかのぼれば、「時をかける少女」(1983年)で、主演の原田知世を中心にしてラストを飾っている。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る