地域再生のキーワード

2017年2月21日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

旧家が活用されることを喜ぶ池上陽子さん

 「このまま朽ち果ててしまうのは忍びないと思っていたので、本当に良かった」と池上さんは微笑む。総社市に住む池上の本家筋の親戚、池上陽子さんも、「品格のある当家の雰囲気を損なうことなく、蘇らせていただいた」と喜ぶ。「人々が集い賑わって地域の活性化につながれば」という。

 何世代にもわたって家族が住み、たくさんの笑い声が溢れていた家が再び、美しい芸術作品に飾られ、多くの人たちに幸せを感じさせる場所に生まれ変わる。

 今後このアートハウスがどんな展開を遂げていくのか。総社市の「アート」の拠点として、芸術家が集う場所になり、地域の活性化にひと役買うことになるのか。注目したい。

筆者と話の花を咲かせる皆さん

(写真・生津勝隆 Masataka Namazu)
  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

◆Wedge2017年2月号より

関連記事

新着記事

»もっと見る