オトナの教養 週末の一冊

2017年5月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

本多カツヒロ (ほんだ・かつひろ)

ライター

1977年横浜生まれ。2009年よりフリーランスライターとして活動。政治、経済から社会問題まで幅広くカバーし、主に研究者や学者などのインタビュー記事を執筆。現在、日刊サイゾーなどに執筆中。ブログ:http://golazo-sala.cocolog-nifty.com/pinga/

 福祉では「できること」と「できないこと」が当然ながらあります。介護福祉の枠内で具体的に実現可能な性的支援は4つあると考えています。

 まず、1つ目は「プライバシーを保つことのできる時間、空間の確保」です。こうした時間や空間が確保されれば、誰にも邪魔されずに自慰行為を行ったり、パートナーとふれあうことができます。

 2つ目は、「性的欲求の昇華を促す」。直接的に性的欲求を満たすことが難しい場合には、散歩などで気晴らしができる時間をつくることです。

 そして3つ目は、「スキンシップの活用」です。ユマニチュードでは、ケアされる人との信頼関係を築くために触れる技術が体系化されています。ですから、介護職としての倫理基準に反しない範囲で手と手をあわせたり、肩を叩いたりすることは可能です。

 最後が「積極的黙認」です。もし本人から性風俗店を利用したいと要望があった場合、推奨はしないが、否定もせずに、できる範囲で対応や支援をする。 

 そのためには、厚生労働省などがトップダウンできちんとガイドラインをつくることが必要だと思います。こういったことが起きた場合には、こういった対処をしましょうと、現場での事例を取り上げながらです。

――幅広い方々に読んでもらいたいとは思うのですが、あえて注目して欲しい人とは?

坂爪:高齢者よりも若い人に読んで欲しいと思います。当たり前ですが、若い人もやがては高齢者になり、同じような状況を迎えます。それまでにどういうことができるかというヒントにしていただければと思いますね。

――高齢になるまでに、具体的にどんなことをすれば良いのでしょうか?

坂爪:高齢期での性生活の充実度は、その前の段階が大きく影響します。60代になってから、急に人間関係を広げようとサークルなどに参加しても難しいのが実情です。そのためには、30~40代のうちから趣味のサークルに参加したり、自分でサークルをつくったりとしておけば、高齢期に入った時に楽なのではないかと思いますね。

 ただ、性というのは自分の思い通りにはなかなかならないものです。思春期に自分勝手に理想の相手を思い浮かべては思い悩んだ経験は多くの人にあると思います。そうやってジタバタしながら生きているのを、応援しなくとも、暖かく見守る社会になってほしいと思いますね。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る