ライフ

2019年6月1日

»著者プロフィール
閉じる

馬場未織 (ばば・みおり)

二拠点居住ライター

日本女子大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建築ライターに。2007年から平日は東京、週末は千葉県南房総市の里山の二地域で居住する。田舎暮らしなどをテーマに執筆活動を展開。南房総の里山と都市に暮らす人をつなぐNPO法人南房総リパブリックの理事長も務める。著書に『週末は田舎暮らし ~ゼロからはじめた「二地域居住」奮闘記~』(ダイヤモンド社)、『建築女子が聞く 住まいの金融と税制』(共著・学芸出版社)など。

「忙しい」のではなく、「濃く分厚い」二拠点生活

 前編・後編と書いてきて思ったが、二拠点生活とは、思うほど整理されていないものだ。

 「田舎モードにスイッチが切り替わるのはいつですか」などと聞かれることもあるが、いやいや、頭の中には常に南房総があり、そこにいようがいまいが、人間関係についても天候も畑の状態のことも心を砕き続けているのが実態である。

写真を撮ろうとするとわらぼっちに隠れてしまう、仲良しのご近所さん

 ただ、そうして心を砕く場所が増え、大事な人たちが増えることは、よく言われる「忙しいですよね」には当たらない。しっちゃかめっちゃかになりながら無理なことをしているわけではないからだ。強いて言うならば、1年間365日、1日24時間は変わらない中で、時間が濃く分厚くなる感覚はある。異質な二か所の暮らしが人生に並行して存在し、どちらにも一層愛着は湧くようになり、さらには両者が重なり合ったり溶けあったりもする。思わぬ化学反応を起こし、驚くこともある。忙しくはないが、決して退屈はしない。

 わたしはよく地域との出会いを結婚に見立てるのだが、村上春樹はこんなことを言っている。「結婚の基準は“この人といたら絶対に退屈しないだろうな”と思えることです。どんなに素敵な人でも、どれほど条件の整った人でも“退屈だな”と感じたらまずやっていけません。退屈なのってきついですよ」。

 南房総と出会えてよかったなと思う。もちろん東京とも。

 あれれ。となると、二拠点生活は重婚か?

 まあいいか。

 地域は、2つ好きでも、構わないことにしよう。

 そして、二拠点生活をしてきた12年間、退屈することがひとときもなかったことを誇りに思うことにする。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る