ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2019年12月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

食品中の脂肪がそのまま体脂肪になるわけではない

体脂肪量の(体脂肪率も)増減は食事と深く関係する。しかし、ここで1つ確認しておかなくてはならないことがある。それは「食事中の脂肪量と体脂肪量とは直接関係しているのではない」ということ。つまり、油脂【※2】をたくさん含んだ食品を食べることが、直接、体脂肪量を増やすことにつながるわけではない。

カロリーのある栄養成分――タンパク質・糖質・脂質の3つ――を含む食品をたくさん食べて、その合計摂取カロリーよりも、消費カロリーのほうが少ないと、その差が体脂肪として蓄えられる、にすぎない。逆にいえば、体脂肪を減らそうとして油脂食品だけを減らしても(糖質やタンパク質を含む食品をたくさん食べれば)効果はない。

体脂肪は大きく分けると2種類ある。皮下脂肪と内臓脂肪だ。皮膚のすぐ下にあり、身体全体を覆っているのが皮下脂肪。これに対し、主として下腹部の内部にあり、腸などの周辺についているのが内臓脂肪。外見から、前者を洋ナシ型肥満といい、後者をリンゴ型肥満ともいう。女性は皮下脂肪型が多く、男性は内臓脂肪型が多いとされる。

健康との関係では、内臓脂肪型肥満のほうが、皮下脂肪型肥満よりも生活習慣病との関連が大きいので要注意。内臓脂肪の過剰な人は生活習慣病にかかりやすいので減らすべきである。内臓脂肪が過剰かどうかの基準になるのはBMI。

ときどき勘違いされているようだが、じつは、内臓脂肪のほうが皮下脂肪よりも減らしやすい。つまり、ダイエットをすると先に減るのは内臓脂肪であることが多い。逆に太るときには内臓脂肪から増えていく。内臓脂肪は「増えやすく減りやすい脂肪」なのだ。よく、体脂肪は預金にたとえられるが、それでいくと「内臓脂肪は普通預金で、皮下脂肪は定期預金」というイメージになろうか。

つまるところ、体脂肪率は数値で見せられると非常に気になるが、健康や寿命との関係では、深い関連示すデータは少ないので、それほど気にする必要はなかろう。健康のために留意するのは、体脂肪量や体脂肪率よりも、エビデンスの揃っているBMIのほうだといえる。

【※2】脂肪はその形態から「油」と「脂」に分けられる。常温(摂氏20~25度)で液体状の脂肪を「油」といい、常温で固体状の脂肪を「脂」という。両方を総称して油脂という。「油」の代表が植物油であり、「脂」の代表が豚の脂身など。
 

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る